MISIA♪環境イベント


5/26(月) 、横浜BLITZにてMISIAがライヴ・イベント
“MISIA Africa Benefit Live Yokohama”を行いました。

5/28(水)から横浜で行なわれる「アフリカ開発会議」を前に、
貧困、紛争や環境問題に直面するアフリカの現状を知ってもらおう
とアクションするイベントとして開催。


【開催趣旨】

美しい歌声が、
地球の未来をやさしくつつみこむ。

貧困、環境、いのちなど、
世界が抱える大きな困難と、ちゃんと向き合うことで、
初めて、私たちは、地球の未来を見ることができる。
アフリカの子供たちの笑顔のために、
アフリカの元気と、私たちの希望を"歌"がつなぐ。

Take Action! 2008 MISIA Africa Benefit Live Yokohama

それは誰かのためというより、私たちの未来のために。
アフリカのことを知り、伝え、行動する。一歩を、一緒に踏み出そう。
2008年は、世界の目が日本に注がれる特別な年。
TICADアフリカ開発会議の行われる横浜で「Take Action!」
そう、世界に伝えよう。





「ほっとけない世界の貧しさ」や「プロダクトRED」等の活動に参加
しているMISIAは’07年4月にアフリカ最大級のスラム、キベラスラム
を自ら訪れ、アフリカの大地を歩き、 過酷な状況の中で暮らす多くの
人々と接するなど、積極的に社会的活動を行なってきました。

スペシャル・ゲストとして、MISIAのメッセージに賛同した久保田
利伸、ヴァイオリニストの川井郁子、ラッパーのMUROが登場!
久保田利伸とのコラボでは、なんとレゲエの神様ボブ・マーリーの
名曲「One Love」をカヴァーでデュエット。

曲間のMCでは、世界が抱える問題についての簡単な講義も。

人々の笑顔、音楽、自然、文化。
本当に必要なものが必要な人に渡り、
貧しい人をますます貧しくさせてしまう社会の仕組みが変わり、
いつか援助なんていらなくなって、
今よりも共に幸せに生きていける世の中になって欲しいです。

現実を踏まえての理想ではなく、
理想を踏まえての現実を見つめていける世の中であって欲しい。

私は歌うことでActionをしようと思います。
──2008/05/26 MISIA




広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。