地球温暖化って?地球温暖化とは?


地球の表面気温・平均気温が上昇すること。

それによって、気候が変化したり異常気象の頻度が上がったり
という、気候変動への影響が懸念されている。

他には、

●生物種の絶滅など生態系への影響
●熱射病・マラリアなどの発生率や死亡率が増加
●気温上昇による光化学スモッグ
●異常気象の頻度の上昇
●異常気象による水不足や水害
●気温上昇による穀物生産の低下、食糧不足問題
●海面上昇による沿岸域の水没
●海洋循環停止や海水面上昇など、地球規模の環境変化
                               など。





タグ:地球 温暖化

地球温暖化の原因は?


●温室効果ガス説

温室効果ガスには二酸化炭素・水蒸気・メタン・フロン・
一酸化窒素などがありますが、主に二酸化炭素が原因と
いわれています。


自動車がガソリンを燃焼するときに二酸化炭素が放出されますし、
電気製品の電気は大半が火力発電なので、石油・石炭を燃焼する
際に二酸化炭素を出しています。

そして、身の回りにあるもの…生活用品などあらゆるものが、
製造・輸送・販売・使用・廃棄のときに二酸化炭素を出すように
なっています。

二酸化炭素は、熱をためる働きがあり、本来ちょうどいい気温を
保つはずなのですが、二酸化炭素の排出量が急激に増え、大気の
気温が年々上昇している。


●太陽の磁場変動説

1750年以来の地球の平均気温の変化は、黒点など太陽磁気の変動
サイクルと、とてもよく似た動きをしており、地球の気温上昇の
最大の原因は二酸化炭素の増加によるものではなく、太陽自身の
変化によるものであるというもの。


●陰謀説

・先進国が、発展途上国の成長を妨げるため。
・CO2削減により、儲けようとしている。
 (排出権取引、環境税、など)
・環境技術がすぐれている国の策略。

※陰謀説についてはさまざまな噂があり、信憑性はありません。



地球温暖化の現状は?


【二酸化炭素濃度】

1750年の280ppmから2005年の379ppmへと35%増加
しており、これは過去2万年で最大の増加率。

【気温】

1906〜2005年の傾向では、地球の平均気温は100年
当たり0.74℃上昇。

過去50年の気温の上昇は、自然の変動ではなく、人類が引き
起こしたものと考えられます。


最新報告では、「今後100年で、最大6.4度の気温上昇」
が予測されています。これまでの100年間に比べて10倍以上
の気温上昇をするかもしれません。

【海面上昇】

20世紀の間、海面は12〜22cm上昇。

今後、地球温暖化に伴う海水温の上昇による熱膨張と氷河などの
融解によって、2100年までにさらに18〜59cm上昇すると予測。

【現在の各国の温室効果ガスの削減目標】
(1990年を基準とし、2008年から2012年の5年間)

アメリカ ≫≫ マイナス 7%  
EU全体 ≫≫ マイナス 8%
日 本  ≫≫ マイナス 6%  
ロシア  ≫≫ マイナス 0%
中国・インド等の途上国に削減目標はなし。

※EUに関しては、それぞれの国が排出削減の目標を達成
 できなくても、EU 全体として削減目標を達成していれば
 よい。という制度を導入。




地球温暖化の防止対策は?


【2008年北海道洞爺湖サミットにて】

米国・ロシアの反対により全体合意ができなかった、
「温室効果ガスの排出を2050年までに半減」について、
国連のプロセスに期待するとして、G8各国全体が合意を行った。


数値目標のない内容に、各国メディアは「辛口」の論評。


温暖化ガス排出量の増大で、このままでは温暖化防止は手遅れ
になると国連UNEPは警告しています。

sunsun.gif



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。