奇跡の光景を写す芸術家



自然の中で、人間と動物が交流する姿を作品にする
「グレゴリー・コルベール」。



ある写真では、巨大な象の前で幼い子供たちが頭を垂れている。
別の写真では、獰猛なはずのチーターに少年が寄り添っている。

フィルムに特殊な画像処理は一切ほどこされていません。

グレゴリー・コルベールは40回以上の長期遠征を行い、
インド、エジプト、ミャンマー、トンガ、スリランカ、
ナミビア、ケニア、南極大陸などを旅しながら、
人と自然の奇跡的な交流を写真や映像に収めてきた。


『工業化された現代社会では、支配し統制することが
 大切だと教えられる。

 人は自然からさまざまな恩恵を受けているにもかかわらず、
 四季さえもコントロールできると考えるようになった。

 私から見れば、そのような考え方は病(やまい)
 とまでは言わないけれど、人間が本来持っているものを
 切断しているように思えるのです。』



『自然と人間の共存は、現代社会が国境を越えた人類として
 考えるべき問題だと思います。』



今いる、家や街や都市から、ほんの少し意識を離して
広〜い目で今の地球を見てみると、本当に大事なもの、
本質的なものが見えてくる気がします。

彼の作品は、心に訴えかけてくる素敵な作品だと思います。
私は大好きです。


【アート・プロジェクト】
パソコンで見る「ashes and snow」の世界
   ↓ 
http://www.ashesandsnow.org/jp/index.php



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。