「THE 11TH HOUR(ザ・イレブンス・アワー)」


2008年9月13日

レオナルド・ディカプリオが制作・出演作品の、環境問題を
テーマとしたドキュメンタリー映画「THE 11TH HOUR」。


  


…ですが、日本では「興行収入が見込めない」という配給元の
理由によって、一般上映されないことになりました。もうやだ〜(悲しい顔)

楽しみにしていただけに残念です・・・バッド(下向き矢印)

やっぱりエンターテイメント性がないと、受け入れられないん
ですね・・・。悲しい・・・。


ちなみにこの映画は、単に「環境危機」を訴えるのではなく、
その原因をつくってしまった人間の「精神性の危機(spiritual
crisis)」
ついて考えさせられるような作品だそうです。

「THE 11TH HOUR」ホームページ>>



環境保護に貢献できるクレジットカード




レオナルド・ディカプリオが香港を初訪問し、23日にHSBC(香港上海
銀行)が発行する新しいクレジット・カード「Green Credit Card」の
プロモーションに参加。

このカードは使えば使うほど、環境保護に貢献できるというシステムで、
一部の学校に緑色の屋根を建設するユニークなプログラムへ寄付すること
ができる。
カードの素材は無塩素の材料、PETG(非結晶性PETコポリマー)
が使用され、使用明細は紙の節約のためにエレクトロニックのフォーマッ
トで提供されるという。

「もしクレジット・カードを使うことで、環境に対して何かいいことが
 出来るなら? HSBCのグリーン・カードならそれも可能だ。
 世界を代表する銀行がこんな風に地球の未来のためになる行動を起こ
 すのは素晴らしい。
 今後、ほかの企業もこれに続いてくれるとうれしいと思います」




“大気を汚染する車でカッコつけたくない”


そうです。あの『タイタニック』で大ヒットした、
レオナルド・ディカプリオです。



ご存知の方も多いと思いますが、彼はエコロジー活動も行っており、
環境活動家としても有名なんです。
“大気を汚染する車でカッコつけたくない”というのは、
ハイブリットカーを所有している彼の言葉です♪

島をひとつ買い取った話は聞いたことありますか?
環境破壊をしない、自家供給できるホテルを建設したいそうです。
完成したら行ってみたいです♪

そんなレオナルド・ディカプリオですが、「第60回カンヌ国際映画祭」で環境問題の重要さを訴えました。

ディカプリオがプロデュースしたドキュメンタリー映画「The 11th Hour(原題)」が、19日に同映画祭で上映されました。
この作品は、地球温暖化が手遅れにならないうちに何ができるかというテーマを扱っているそうです。
非常に興味があります!楽しみです♪




『The 11th Hour』記者会見



レオナルド・ディカプリオが制作、脚本、ナレーターを務めた、
環境問題をテーマとしたドキュメンタリー映画「THE 11TH HOUR
(ザ・イレブンス・アワー)」。

『The 11th Hour』公式サイト>>







広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。